検査について

当クリニックで受けられる検査

当クリニックでは性感染症(STI)の検査として、次のものを受けて頂くことができます。

血液検査

血液を少量だけ採取して、感染の有無を確認します。保険適用外の検査もありますのでご注意下さい。

チェックできる性感染症

  • 梅毒
  • HIV(エイズ)
  • ヘルペス
  • B型肝炎
  • C型肝炎

尿検査

男性向けの検査です。尿を採取して感染の有無を確認します。

チェックできる性感染症

  • 淋病
  • クラミジア

おりものの検査

女性向けの検査です。膣の内側を綿棒で軽くこすって分泌物を採取して、感染の有無を確認します。

チェックできる性感染症

  • 淋病
  • クラミジア
  • カンジダ
  • トリコモナス

喉粘膜の検査

性感染症(STI)の中には、「咽頭クラミジア」など喉に感染するものもあります。喉を綿棒で軽くこすって粘膜を採取したり、うがい液を使ったりして感染の有無を確認します。

チェックできる性感染症

  • 淋病
  • クラミジア

検査の流れ

当クリニックへ初めてお越しになる方のために、受診・検査・診断までの流れをご紹介します。当クリニックは、地下鉄3線が交差するアクセス便利な場所にありながら、大通りから奥に入ったビルの2階にございますので、まわりの目を気にせずに安心してご来院頂けます。

1.予約

お電話などでご予約をお取りください。問診票がダウンロードできますので、必要事項をあらかじめご記入の上、ご来院頂けますとスムーズに受診して頂けます。問診票はこちら

2.来院

ご予約頂いた日時にご来院ください。初診の方は健康保険証のほか、お持ちでしたらお薬手帳もご持参ください。

3.受付・問診票の記入

ご来院頂きましたら、受付をお済ませください。その時、問診票をお渡ししますので、必要事項のご記入をお願いします。何かわからないことがございましたら、お気軽にスタッフまでお尋ねください。

4.問診

ご記入頂いた問診票をもとに、ドクターがお体の調子や、気になる症状などについて詳しくおうかがいします。初めての方にもリラックスしてご相談頂くために、話しやすい・相談しやすい雰囲気作りに努めています。

5.検査

患者様の症状に応じて、血液検査・尿検査・おりものの検査・喉粘膜の検査などの各種検査を行います。いずれも短時間で終わる検査ですので、気軽に受けて頂くことができます。

6.診断

検査結果をもとに診断します。血液検査など、結果が出るまでに時間がかかるものにつきましては、後日、あらためてお話しさせて頂きます。

費用

症状がある場合は保険適用となる場合がありますが、それ以外は自費となりますのでご了承ください。

お支払い方法について

当院では現金以外にも、クレジットカード(VISAカード・マスターカード)でのお支払いが可能です。
「PiTaPa」「iD」などの電子マネーでもお支払い頂けます。ただし、ご利用可能金額はPiTaPaが3万円、iDが1万円までとなります。あらかじめご了承ください。

よくある質問

Q

はっきりとした症状はないのですが、受診することはできますか?

A

性感染症(STI)の中には、症状がないまま進行するものもありますので、症状の有無にかかわらず、少しでも「おかしいな…」と思われた時には迷わず受診してください。

Q

性感染症はパートナーにも感染しますか?

A

性感染症(STI)の中には、カップル間でピンポン感染するものもありますので、ご本人様だけでなく、パートナーの方も一緒に検査を受けられることをおすすめします。

Q

包茎だと性感染症にかかりやすいと聞いたのですが…

A

常にペニスが包皮で覆われていると、雑菌が溜まりやすいため、性感染症のリスクは高いと言えます。

Q

性感染症の検査方法を教えてください

A

血液検査・尿検査・おりものの検査・喉粘膜の検査などで、感染の有無を確認します。淋病・クラミジア・梅毒・HIV(エイズ)・ヘルペス・B型肝炎・C型肝炎などの病気がチェックできます。

Q

感染してからどのくらいで症状が現れますか?

A

性感染症によって潜伏期間は異なります。また、患者様の体質によっても症状が現れるまでの期間は異なりますし、症状がないまま進行するものもあります。主な性感染症の潜伏期間の目安は、次の通りです。

  • 淋病:2~7日間程度(女性は無症状のことが多いです)
  • クラミジア:1~3週間程度(女性は自覚症状が現れないこともあります)
  • 梅毒:3週間程度
  • ヘルペス:2~10日程度(ただし初感染初発型の場合)
  • 尖圭コンジローマ:3週~8か月(平均2.8か月)
Q

特に注意が必要な性感染症を教えてください

A

クラミジアは症状が現れにくいため、感染に気づかずに、女性のパートナー様にうつしてしまうケースも少なくありません。女性のクラミジアは、子宮卵管炎を起こして不妊症の原因になる可能性がありますので、パートナー様を守るためにも、少しでも異変を感じたら検査を受けられるようにしてください。

Q

性行為以外で感染することはありますか?

A

トリコモナスは感染力が非常に強いため、トイレやお風呂場などで感染することもあります。また、性感染症(STI)の中には「咽頭クラミジア」など喉に感染するものもありますので、通常の性行為だけでなく、オーラルセックスでも感染することがあります。

Q

コンドームを使用していれば性感染症は予防できますか?

A

100%ではありませんが、感染リスクを大きく低減させることができます。ただし、オーラルセックスによって「咽頭クラミジア」に感染したり、陰毛などのコンドームでは覆えない箇所から毛じらみが感染したりすることもありますので、注意が必要です。不特定多数の方と性行為を行わないことが、最大の予防方法であると言えます。

Q

検査は定期的に受けた方がいいですか?

A

ヘルペスやHIVなど、感染しても症状がほとんど現れないものもありますので、ご本人様やパートナー様の健康を守るためにも、定期的に受けられることをおすすめします。

Q

結婚前に性感染症にかかっていないかチェックしておきたいのですが…

A

当クリニックではブライダルチェックも行っています。淋病・クラミジア・梅毒・HIV(エイズ)・B型肝炎・C型肝炎・ヘルペスなどの各種性感染症(STI)をチェックして頂けますので、お気軽にご連絡ください。

Q

お薬はどこで受け取れますか?

A

当クリニックは院外処方ですので、調剤薬局に処方箋をお持ちになってお受け取りください。クリニック周辺にも調剤薬局がございますので、そちらをご案内することもできます。

Q

費用の支払い方法は現金だけですか?

A

当院では現金以外にも、クレジットカード(VISAカード・マスターカード)でのお支払いが可能です。「PiTaPa」「iD」などの電子マネーでもお支払い頂けます。ただし、ご利用可能金額はPiTaPaが3万円、iDが1万円までとなります。あらかじめご了承ください。